2007年02月19日

問題提起

ようこそ、神様の半導体講座へ、私は教授のピッコロ大魔王です。

このBlogは企業や大学からのアクセスがほとんどで、全く更新していないにもかかわらず、日々約1000アクセスある。Seesaaが最近改良した管理画面にあるランキングでは2000番台だったりして、こんなマイナー分野で、と、ちょっと驚きだ。

さて、このようなアクセス数を示しているこのBlogをかりて、ピッコロが最近これはひどいと思っている問題を紹介したいと思う。ここに訪れる若い学生諸君や企業で働くエンジニア、研究者さんたちにもぜひ知っていて欲しいと思う。

このような形で専門外のことを述べるのは心苦しいのだが、以下のリンクをエンジニア、研究者魂を持ってじっくり研究してもらいたい。

http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20070218
http://tyama7.blog.ocn.ne.jp/obgyn/2007/02/post_c309.html
http://blog.m3.com/yabuishitubuyaki/20070218/1
http://blog.m3.com/TL/20070218/1
http://www006.upp.so-net.ne.jp/drkato/link.htm
http://tyama7.blog.ocn.ne.jp/obgyn/2007/02/_105.html
http://www.osaka.med.or.jp/oma/kaihou200601c.html

http://blog.m3.com/DrTakechan/20070219/1
http://ameblo.jp/sanfujinka/entry-10025994855.html
http://blog.m3.com/akagamablog/20070217/1

マニアックな理系人はこのリンクのBlogやらなにやらの過去記事、国会質問の動画などしらみつぶしに見て、ことの本質をつかむことだろう。その後の判断は各人にお任せするが、よーく研究するように!by中谷昇風

それにしても、勤務医(開業医ではない)の労働条件は本当に劣悪である。学業の成績が良いというだけで、世の中で評価されるわけではないが、それにしても勤務医の報酬、労働条件等の社会的評価は低すぎる。少なくともピッコロの同級生、同窓生で医者になったやつは優秀であった。

しかし、それも、これも、国民が有権者として選んだ者たちが代表して行っている国政のおかげでこういう事態が進んでいるのだから、ある意味天に向かって唾はいているようなものだろう。

ピッコロとしては、ささやかながら、陰ながらでよいから、国民の一人一人がこのような問題を認識して、良識ある判断、自分に出来る行動をしてもらいたいと願う。もはや今の時代「マスゴミ」は全くあてにならず、このままでは不毛な医者叩きに洗脳されて、気がついたら自分が腹痛くて死にそうだというのに医療行為を受けられないとなりかねない。

それではごきげんよう。
posted by ピッコロ大魔王 at 21:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

アクセス解析

実は趣味で書いている別Blogに毎回決まって記事UP直後にヒットしてくるIPアドレスがあるのを発見した。

ググッてみると同じような人が一杯いることが分かった。で、こちらのBlogはその別Blogの比じゃないほどアクセスがあるんだけど、ちょいとどんなところからアクセスがあるのか調べてみたくなった。

でも、このseesaaのアクセス解析ってしょぼくて、アクセスログが見れないから、別の無料の明日アクセス解析を導入してみた。

なんというか、もろデバイスメーカとか大手電気メーカーからアクセス一杯。東芝、日立、NEC、富士通、ソニー、シャープ、松下、沖電気などなど何でもござれだ。そうそうルネサスからもあった。これはもうオラが引退した後にできた会社だなあ。後は応化、Tel、Nikonなど大手の材料、装置系からってこところかな。他にも設計会社や電子部品会社、ディスクリート系の部品屋など一杯あっておもろいねえ。

大学は北は北海道から南は九州まで色々来てるようだ。さすがに沖縄は無かった。

まあ、プロの人には物足りない内容なのであまり役に立たないが、検索で飛んでくる人が多いようだ。ただ中には自分のブックマークから来ている人も結構いるみたい。

なにやら久しぶりに半導体業界にいたら誰でも知っているデバイスメーカーや装置メーカーの名前が一杯出てきて懐かしかったよ。
posted by ピッコロ大魔王 at 18:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月24日

今しばらくお待ちを

コメントの返事にも書きましたが、すでに修行からは戻っているのですが、完全に頭がぼけています。

サラリーマンの方などオフィスで仕事をしている場合には分からないと思いますが、夏はクーラーなどの効いている建物の中にいない場合は、とてもじゃないけど読書、勉強、デスクワークなど出来るものではありません。

一昨年の夏も猛暑でしたが、そのときも2週間ほどカリン様のところで修行し、この暑さでは読書、勉強などとても出来るものではないと初めて実感しました。

夏は外で遊んでいるのが一番です。読書の秋とはよく言ったものです。

あらかじめそのような状況は経験済みだったので、ノートパソコンは携帯していったのにもかかわらず、休講にしたというわけです。

常日頃人工的な環境に慣れているせいで、たまに自然の環境で生活すると、復活に時間がかかります。まあ、逆に言えばいかに現代の人間が季節を無視して活動しているかがわかるということですが。

ということで、更新がないのに1日1500ビュー以上も記録されていて、訪れてくれる方には申し訳ありませんが、今しばらくお待ちを。そして、今後は以前のようにWeek Dayは毎日更新というペースからもすこしダウンするでしょう。
posted by ピッコロ大魔王 at 11:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月28日

休講のお知らせ

ご隠居であるピッコロはしばらく夏休みをとりカリン様のところで修行をしてくるので、明日から休講となります。

ちょうど、キャパシタのCV特性の手前で区切りが良いのでここでとめます。

講義再開はおそらくお盆明けになると思いますが、修行から戻り普通の生活へのリハビリがすんだら始めるでしょう。

アクセスの記録を見ると半導体物理の話しに入ってから、リンク元がこの半導体講座のどこかの記事というのがずらーっと並んでいて、前に行きつ戻りつといった感じなのだろうか。皆さん多少苦労しているのかもしれない。

ということで、

カノッサの屈辱的に言えば「この夏休みの期間を利用してよーく復習するように」といったところだろうか。

それでは、皆さんごきげんよう(中谷昇風)。とかいってもカノッサの屈辱知っている人はごく一部の年齢層に限られるか。
posted by ピッコロ大魔王 at 22:25| Comment(5) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月20日

コメント

コメント欄に、「こういう情報がありますよ」と載せてくれた人がいるので、これは良いと思い、すこし長くなると思ったのでこっちにコメントを載せます。

とりあえずここの講座は自分の記憶のメモ的なものと思い始めたものですが、そうは言ってもWebに載せるわけですから、当然読んでくれる人がいるだろうことも想定してます。そこで、以前入社3年目ぐらいまでの若手のエンジニア向けに個人勉強会をやっていたのをベースにして、これから半導体の世界に踏み込むような、ある意味素人向けの話にしようと思ったわけです。

そんなわけで、とりあえずは非常に基本的なインバータをどうやって作るかってことをベースに話を進めようとしたわけです。そのために必要なプロセスやらデバイス物理の話をしていこうと。

だから、DRAMやLOGICの最先端のプロセスに関しては触れていません。コメント欄で指摘してくださったシリサイド、サリサイドなどはもともと解説するつもりはありませんでした。一通り基礎が終わり、気が向いたら少しは触れようとは思いましたが、シリサイドに関しても当時最初に出始めたLDD構造に使うゲート電極のサイドウォールの話にも触れていません(S/Dのシリサイド化とスペーサーの厚さなどの話)。

まあ、要するに冗長な部分はほとんどカットしてしまっています。ですから、ある程度知識のある人には物足りないかもしれません。

最近普通に使われているプロセスとか材料、構造などは、興味を持った人は自分で調べてもらおうという感じなので、コメント欄にあるような情報提供は非常に助かります。今後、経験者とか上級者(っていうのも変な感じだが)で、「こんなのもありますよ」的なことがある人は、コメント欄に載せていただければ、さらに深く勉強しようと思っている人たちにとって非常に有用な情報だと思います。もし、「そいつは良い」と思う人がいたら、気が向いたときにでもコメント欄に記入していただければと思います。

でも、自分でやってて言うのもなんですが、細かいそれぞれの技術の情報はWebで検索すればそれなりに得られますが、ここでやっているような通しで解説しているものは非常に少ないですね。
posted by ピッコロ大魔王 at 10:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月15日

アクセス数

ちょっと、関係ないところでひとつ。

先週の金曜からアクセス数が急激に増えている。今までは更新しているWeek Dayでは、だいたい日に300人程度がアクセスし、ページビュウが900台ってのが普通だった。

ところが先週の金曜日にはいきなり400人近くに増え、ベージビュウが1300を超えた。そして、昨日は450人を超え、1500近くのページビュウだ。ちょっと驚きである。

そして、少し笑えるのだが、検索で来ているものの中に、毎日「神様の半導体講座」とか「神様の半導体」で引っかかってくるものがトータル10件近くある。これはいったい何なのだろう。もともと検索でここに来るのはものすごく多かったのだが、先週ぐらいから笑える検索項目が出てきたわけだ。もちろん検索結果のトップは「半導体」。これは毎日何十件もある。

他にもどこかのグループウェアや出元不明なところからのアクセスもあり、本業の人たちや関係業種の人たちものぞいているのかもしれない。いずれにせよ、こんなマニアックなBlogでアクセス数が増えるのは不思議な感じがするが、うれしいかぎりだ。
posted by ピッコロ大魔王 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月02日

修正終了

とりあえず修正終了。

すでに記事を読んでしまった人は、ポリシリコン酸化までさかのぼって読んでちょうだい。

いやー、隠居して何年も経つと、覚えているようでも、非常に単純なポカをやってしまうものだなあ。ま、しょうがねえか、年も年だし。

ファイルの修正も同じファイル名を使っていると、サムネイルの表示に使う元ファイルが上書きされないことが分かった。何度やっても、文中の図は修正後の図なのに拡大すると修正前の図が表示されてしまうのだ。結局、アップロード前の元ファイルのファイル名を変更して事なきを得た。

次回からは通常バージョンに復帰。
posted by ピッコロ大魔王 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間違えた

先ほど書いた記事のLDDを勘違いしているのに偶然気づき、Lightly Doped Drainと直したりしていたのだが、さらに大きな勘違いをしていた。

NchのS/Dのインプラ後にPoly Si表面を酸化するのではなく、Poly Si Etchが終わった直後に酸化することを思い出した。で、これから2つ遡って大きく変更する。
posted by ピッコロ大魔王 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月25日

番外編2

記事がだいぶ増えたので、自分で前の記事をリンクするのに探すのが大変になってしまった。

そこで、カテゴリを細かく分けることにした。これでプロセス別などで探すのに便利になるだろう。

しかし、カテゴリを変更するのに1つ1つ編集するのは面倒だった。カテゴリの編集はもっと簡単にできると、後で整理するのに楽なのになあ。

それにしても、最初は100ページビュウぐらいで細々やっていたのが、今では更新している平日は1000ページビュウ近くになっている。世の中マニアックな人が多いのか、半導体に携わっている人が多いのか、それとも勉強中の学生や新人エンジニアが多いのかどうなんだろう。
posted by ピッコロ大魔王 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月13日

番外編

本題とは全く関係ないが、新バージョンにしてみて、テンプレートのデザインを変えてみた。

上のほうにすっきりまとまって見やすくなった。

ついでといってはなんだが、タイトルも「半導体講座」から「神様の半導体講座」にした。たいした意味はないが、昔若者から呼ばれていた、神様というお遊びニックネームからつけた。まあ、昔のおごり高ぶる若者という感じが出ていて良いだろう。今はもっともっと、ずーーーっと謙虚になっている。

残念ながら今年の春に亡くなってしまった、私の恩師に昨年の年初に年賀メールを出したときに、「最近は心穏やかになった、○○です」などと締めたら、「心穏やかになったは面白いですねえ、会ってみたいものです」と返事が来た。アメリカに在住していた恩師とは、幸運にもその後すぐ昨年の春に会うことができ、いろいろと面白い話をした。

さらに、これまたついでといってはなんだが、右側の一番上に目立つようにリンクをもってきた。「CMOS回路設計」も覗いてください。

番外編でした。
posted by ピッコロ大魔王 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。