2004年07月09日

電流密度

今回はさらに超簡単で、電流密度の最後のまとめをする。

前回、前々回やってきたことでドリフト電流拡散電流が分かった。

すると、この2大電流密度をあわせてあげれば、半導体中の電流密度がわかることになる。で、まあ、どうやってあわせるかというと、電子は電子、HoleはHoleでドリフト電流と拡散電流をあわせるわけだ。

するとこうなる。

電流の式

これがかの有名な電子の電流密度の式とHoleの電流密度の式である。

電流の話になると実際には前にも触れたように、発生(生成)と再結合による電流も考慮に入れる必要もあるのだが、まあほとんどの場合上の式で大丈夫だろう。

予告通り超簡単で、今回はここまで。次回は発生と再結合の話。
posted by ピッコロ大魔王 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 物理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。