2004年06月23日

直接遷移と間接遷移

以前半導体の分類分けのときに、直接遷移と間接遷移のことに少し触れたが、今回はそれを。

エネルギーのバンド構造によって、電子が励起されて価電子帯から伝導体にジャンプするときその移り方によって直接遷移と間接遷移っていうのがある。

直接遷移とはその言葉のとおり、EvからEcにダイレクトで移動するもので、間接遷移は2段階で移動するようなものだ。

以下の図で簡単に説明する。

直接遷移

よく、簡単な本などでは上の図のようなものが載っている。まず、直接遷移ではバンドギャップが小さいために、いきなりダイレクトに励起されるようなイメージを起こしやすい。まあ、それはそれで間違いじゃない場合もあるかもしれないが、ちょっと違ったりする。

本来はバンド構造は下の図のようになっていて、直接遷移とはエネルギーバンドの軸(次元と言うのかな?)がそろっているために、直接価電子帯から伝導帯に移動できる。

一方、間接遷移の場合、バンドの軸がそろっていないために、伝導帯の最下部のEcのレベルの近くまで、いったん励起されて、そこから横っ飛びに移るといったイメージだ。

実は上のバンド図は、この曲線で描かれたバンド構造を真横から見た図ともいえる。そう見れば、実は間違いじゃない。

さて、直接遷移半導体とは普通化合物半導体と呼ばれるもので、以前も述べたがGaAs(ガリウムヒ素)、GaN(窒化ガリウム)、InP(インジウムリン)などが有名である。励起された電子が再結合(励起の反対方向)するときにエネルギーを放出する必要があるのは分かると思うが、この直接遷移型の半導体の特徴は、そのときに強い光としてエネルギーを放出するのだ。実は、この原理を利用して、かの有名な発光ダイオードなどが作られている。

間接遷移型の半導体である、Si、Geなどは再結合のときに2段階になるので光を出すことはなく、フォノンっていうのをだす。だからこいつは、発光ダイオードにはならない。

今回はここまで。次はそろそろダイオードかな。
posted by ピッコロ大魔王 at 09:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 物理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勉強になります
Posted by k at 2011年12月05日 00:21
すごくわかりやすい解説をありがとうございます。シリコンレーザーというのがあるみたいですが、どのように光を出しているのでしょうか?
Posted by タッチャン at 2012年08月21日 13:17
横っ飛びに打つうるというのが抽象的すぎて良く分かりません。
具体的に何がどうなると横っ跳びになるのでしょうか?
Posted by Y at 2014年06月09日 23:19
↑フォノンを介在します
Posted by m at 2014年07月18日 11:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。