2004年04月04日

分類分け

世の中には、半導体の教科書やら、それこそ大学の講義で使われているような本がいっぱいあるし、それに加えて今ではインターネットのような便利なものもあるから、検索すれば一発で有用な情報を得られるだろう。でもまあ、この半導体講座は僕が30代半ばで引退するまでに、いくつかの会社でやってきた勉強会の私塾的な講義の内容をトレースすることにしようと思う。当時はそれなりに好評であり、成果もあった。で、本題だが。
初回には詳しく触れなかったが、半導体には種類の分け方がいくつかあり、その代表的な一つは、材料によるものである。一つは1種類の原子から成り立つものである。その代表作はSi(シリコン)である。ほかにもGe(ゲルマニウム)やC(ダイヤモンド)などがある。で、もう一つは化合物半導体と呼ばれるものである。これにはGaAs(ガリウム砒素)、GaN(窒化ガリウム)、InP(インジウムリン)などなどがある。
さらに、電気的な分け方もある。これは真性半導体と不純物半導体と呼ぶ分け方である。まあ、これは単純に不純物が混じっているか、混じっていないかだけなのでそんなにたいしたことはない。
もう一つ、光学的(エネルギー的というのかな)な意味で直接遷移と間接遷移半導体ってのがあるけど、これはエネルギーバンドとかの話がわからないと全くちんぷんかんぷんなので、「ふーん、エネルギーバンドって何だろう」ぐらいに思っていてくれればよい。

さて、これからはこれらの中で今最もポピュラーで代表的なSi(シリコン)半導体について話を進めていこう。
まず始めは、上に述べた真性半導体と不純物半導体から話をスタートするとしよう。Siについてやるというのだから、単体の半導体と化合物の半導体の区分けはほっといてもいいし、エネルギーバンドもわからないのだから、直接遷移も間接遷移もほっといてよい。
だから、真性と不純物ということになる。続く。
posted by ピッコロ大魔王 at 23:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 物理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

半導体

半導体。言葉のとおり半分導体である。つまり、ある条件の下では電気が通り、ある条件の下では電気が通らない。
もっともポピュラーなものではSi半導体があり、それ以外は化合物半導体と呼ばれるのが一般的なようである。化合物半導体にはInp(インジウムリン)GaAs(ガリウム砒素)などがある。パソコンのCPUなどはSi半導体、衛星放送などには化合物半導体が使われている(HEMTと呼ばれているものが有名)。
とりあえず一般的であるSi半導体について説明していく。後々図が必要になるかもしれないが、その時は適当に時間を見つけて図を作っていくとしよう。
Si(シリコン)ってほっといたら何にもならないんだけど、こいつにB(ボロン)、P(リン)、As(砒素)などを混じりこませると結構とんでもない性質を持つようになる。これが半導体と呼ばれる性質だ。これは、絵がないとなかなかわかりづらいので、続きはまた今度。
posted by ピッコロ大魔王 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 物理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。